☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、今回はPontaカードを取り上げ

話を持ってみます。

題して、こちら

Pontaカード登録、こちらもポイントのゲットを含め行動範囲は広そう!

です。





とはいえ

構えるようなことではありません。


基本、Pontaカードを知り興味を持ち

『カードを作る!』

『登録する!』

その契機、きっかけとなった話から


ポイントがもらえるお店は


「どこか?」

というノリで、お得と思われる情報を

「みんなでゲットしようよ!」

と話しかけているだけですから。


目 次
1 登録のきっかけはケンタ
2 Pontaカードの取得の仕方は? 
3 Pontaポイントのゲット、使う!
4 スマホでモバイル化もできる!

登録のきっかけはケンタ

実は・・

というと、大げさな表現になりますが

Pontaカードを手に入れたい!欲しい!

と思った発端は・・ですよ。


ケンタッキーフライドチキン

(以後、ケンタと呼称)で


「Pontaカードありますか」

と、店員さんから声をかけられた

・・からなんです。

(この時、初めてケンタがPontaカード、同ポイントを扱う店舗の一つと知ります。)

そして、以前であれば

「ありません」「持っていないです」

と答えて終わったと思うのですが

でも、今は違うのです。


おじさんの僕でも、コード決済を覚えると

少しずつdポイントとか、Tポイントだの

・・いわゆる付加価値に関心が向かうように

目が肥えてくるのです。


なぜなら、お得の元に映りますから

Pontaカードのポイントも、ほか同様に、ね。

とはいえ、今現在、Pontaポイントがどれほど有効なものなのか、承知範囲は概略程度。そのため、これから追々取り上げていきます。

話を戻して、ケンタではカードで

Pontaポイントを付けてくれるとあり


それで、店員さんから声をかけられた時

「しまった」「持っとけば、よかった」

となってしまったというわけ。


ですからね、そのあとは早いですよ。

ほとんど時間を置かずに

パソコンに向き合い調べるのです。


すると

はじめにリクルートIDが必要とのこと。

Pontaカードの取得、カード会員になるためには、まずリクルートIDの規約に同意し登録を行います。続いて、Ponta会員の規約に同意し登録を行えば完了。そして、当然ながら、すでにリクルートIDを持っていれば、Pontaカード取得の手続きのみで終えることができるのです。
※ PontaWEB https://point.recruit.co.jp/point/

基本、僕の場合、完全に失念していましたが

かつて

『じゃらん』でリクルートIDを取得していたので

(その時の呼称は違ったかもしれませんが・・)


Ponta会員への規約同意、登録のみで淡々と完了。

そしたら、こちらが来ました。





ポイントカードの類では飽きない図柄

キャラクターがいいですね。僕的にはいい!


ということで

そのあとはお得な話へ向かいます。

Pontaポイントのゲット、使う!

では、カードを取得、会員になったアト

効果アリと思う内容をピックアップ!


やはり一番に上がるものはこれでしょう。

Pontaカードでポイントがゲットできる!

ゲットしたポイントを使える!

ということ。


そして

「どこで使えるか」

ザクッとお店の名称を並べてみましょう


結構、多いですよね。

PontaWEBのサイトにて

最初に目に入ると思われるものでは

こちらがあります。

● ローソン
http://www.lawson.co.jp/index.html
● じゃらんnet
https://www.jalan.net/
● シェル(ガソリンスタンド)
https://www.idss.co.jp/
● ホットペッパービューティー
https://beauty.hotpepper.jp/
● ケンタッキーフライドチキン
https://www.kfc.co.jp/top.html
● ホットペッパーグルメ
https://www.hotpepper.jp/
● ゲオ
https://geo-online.co.jp/
● ポンパレモール
http://www.ponparemall.com/

※ https://point.recruit.co.jp/point/

また

僕的には飲食店に関心が向かいますので

そちらも同様に同サイトから

いくつかピックアップするとこのとおり。

● 牛庵(焼肉屋さん)
https://www.gyuan.jp/jp/index.html
● 久兵衛屋
https://www.kyubeiya.jp/
● ココス
https://www.cocos-jpn.co.jp/index.html
● ジョリーパスタ
https://www.jolly-pasta.co.jp/
● すき家
https://www.sukiya.jp/
● 華屋与兵衛 
https://www.hanayayohei.co.jp/
● はま寿司
https://www.hamazushi.com/hamazushi/index.html
● ビッグボーイ
https://www.bigboyjapan.co.jp/
ほかにもありますよ。
ココ見てね。
https://point.recruit.co.jp/point/?tab=pointUseService

とにかく「数多し!」ですね。


ただ、中にはPontaポイントをためる!

そちらのみのお店もあるので


Ponta WEBに掲載されているお店のすべてが

Pontaポイントをためられ、使える!

というわけではなく、その点は注意でしょう。


でも

Pontaカードも魅力のあるポイントカード

と十分言えそうです。

スマホでモバイル化もできる!

それでは

規約の同意、登録を行ったアトについて

触れてみます。


僕の場合

Pontaカード・・手元に到着するまでは

「待ちの姿勢かな」と思っていましたが


実際のところ、スマホを持っていれば

カードが手元に届かずとも使えるのです。

(『Pontaからのお知らせ』でわかります。)


それは登録が完了していれば

スマホアプリ:Pontaカード(公式)アプリ

これをインストールし

求められるどおりにIDとパスワードを

スマホに打ち込めば


スマホがモバイル化されたカード機能を持ち

使用可能となるのです。


(Tカードほか同様に

きちんとバーコードが表示されています。)



※ Ponta初期設定時のスマホ画面を引用し加工


もちろん、最初はポイントをためることから

はじまりますけど・・ね。


ほかに

『Apple walletに追加』のタップについて

少々、言葉を持ちますとね。


すでに

Apple walletを使っているのであれば

そのまま組み込めばよいと思いますが


そうでないならば

あるいは、Pontaカードとして独立して

持ちたいならば

何もしない方がよいでしょう。

これも付言しておきます。


ともあれ、見れば見るほど興味深いカードです。

キャラクターもかわいいですし・・


ということで、ここまで

Pontaカードの登録、初期設定時の扱い

僕自身の思いを織り交ぜ話を広げてみました。


なお、以後も使用感、生じたできごと

さらにはお得情報をキャッチしたなら

追記ほかの要領で表していきますので

これからもよろしくお願いします。


では、今回はこれで失礼します。


後記

ワカランちんの奮戦記

・・と題しブログを起こしています。


文章力不足は否めませんが

それでもくじけじ・・と


いろいろ『PAYPAY』はじめ

『コード決済関連』

ほかに『おトク』情報を見つけては

あれこれ語っています。

もちろん、私見ベースですけど。


できる限り

お役に立ちそうなものを発信したい

と考えていますので

お寄りいただけると、大喜びします。


よろしくお願いします。