☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、今回は

セブンイレブンアプリに登録して

それを店員さんに見せたアト

PayPayで支払いができるかどうか

試してみたことです。

何か構えた表現からはじめましたが、単に個人的にできるかどうか・・と、ためらっていたことをやってみた!それだけのことです。お店としては、当然のことであった様子。すんなりホイホイでしたから・・

目 次
1 セブンイレブンアプリって何?
2 僕の支払いはPayPay
3 クーポンもらったら、どうか? 

セブンイレブンアプリって何?

はじめにここからはじめてみます。

「セブンイレブンアプリって何?」

・・です。


基本、これってセブンイレブンの販促用

・・アプリですよね。


そして、僕の場合、このアプリの存在を

まったく知らなかったのです。


ただ

セブンイレブンはよく利用していたので

ヨイショというわけではないのですが


基本、総菜、鍋物ほかの冷凍、冷蔵食品は

コンビニにしては内容がいいな!

と思っていたので

コンビニを軽んじているわけではありませんよ。そうした商品がコンビニに並ぶイメージをこれまで持っていなかったので、こんな表現を使いました。もちろん、個人感です。

それで家人がいない、一人になった時

よく求めていたのです。





ということで

一応アプリを知る下地があった中

背中を押すような個人的なできごとが

遅まきながら存在を知ったPayPayの使用。


これが火を付けましたね。

「何か、セブンイレブンにもお得な点は?」

と気が回るようになったのです。


それで長くなりましたが、コレ

セブンイレブンアプリであり

そのインストールというわけなのです。


そこであらためて

「セブンイレブンアプリとは?

「どういうもの?」と触れ直すと


セブンイレブンアプリを使って買えば

「買うほどお得」

というもの。


この表し方だと

サイトに表れている内容、そのまんまではないか

(https://www.sej.co.jp/products/app.html)

と言われそうですが

・・。


そうなんです。


そして

最初に販促用と表現しましたが

これは購買層を広げたい!

その想いが詰まったものと言えますよね。

(ポイントカードみたいなものかと)


そのために次回時以降の商品購入への利点

となるクーポン付与の形を取っています。

たとえば、今はこちら・・





ただし

このクーポン、手に入れるには

「少々ハードルが高い設定かな?」

との感じもします。


とはいえ

キャンペーン、催しと言いましょうか

その期間は比較的長いので、機会は多しかと

利用すれば十分な効果アリでしょう。


そのためか、僕の場合、ほぼ毎日

お店に足を運ぶようになりました。

で、こんな感じでクーポンGET目指せとばかりに

マークが増えて行きます。




僕の支払いはPayPay

続いて、この場合の支払い要領について

話を持ちますと・・ね。


少々、手順がややこしいというか

面倒くさい感じはあります。

《ひとりごと》
僕も最初、セブンイレブンアプリを立ち上げ、PayPayで支払うことにためらっていました。画面表示の切り替えに時間がかかりましたし、またnanacoでないとダメかとも思っていたのです。

でも、試してみると、まったく問題なし。


あえて言えば

購入だけでも2回スキャンを必要とするので

「1回で終わればいいのに」

・・なんてことを思うこともありますが


ただ、お得感は2倍になりますから

試してみると、気にならず・・ですね。

クーポンもらったら、どうか?

それでクーポンをもらったらどうか?

どうなる?

・・ですけど。

お得になりました。





ただ

この場合バーコードのスキャンが

3回になりました。


そのためレジ前にお客さんの行列がない時は

気になりませんが、そうでない場合

チョイ周囲を見回したりします。


という感じで少々神経質にはなりますが

それでも「お得」ですから

気にせず使っています。


ということで

ここまで僕の体験・実施談を並べてみました。


よろしければ、試してみてはいかがでしょう。

価値はあると思いますよ。


では、今回はここまでとなります。

失礼します。

※ 携帯画像はセブンイレブンサイトから引用


後記

ワカランちんの奮戦記

・・と題しブログを起こしています。


文章力不足は否めませんが

それでもくじけじ・・と


いろいろ『PAYPAY』はじめ

『コード決済関連』

ほかに『おトク』情報を見つけては

あれこれ語っています。

もちろん、私見ベースですけど。


できる限り

お役に立ちそうなものを発信したい

と考えていますので

お寄りいただけると、大喜びします。


よろしくお願いします。