☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今回はですね。

こちらを取り上げてみたいと思います。

利用にあたってわかりやすいためか

僕的には、今、ハマっているもの。


送金アプリ、pring(プリン)

・・です。


そこで、ちょっと前になりますが

PayPayの『チャージ』と『出金』の機能を

利用したら

「これができるよ」

って感じで・・


PayPayアプリ内

チャージ登録した銀行相互間において

送金可能は便利との趣旨で話を持ちましたが

PayPay残高チャージと出金機能でジャパンネット銀行への送金が無料でできる!




そのPayPayの機能の拡大バージョンを持つ

と思い、今回取り上げています。

PayPayでは登録他行からジャパンネット銀行への送金は無料でできます。

ということで

送金などの機能において


さらに広がりを持つアプリ

pring(プリン)について触れたい

と思います。

※ 今回はインストール、設定事項まで


では、コンタロウ、はじめます。


目 次
1 pring(プリン)の概要
2 pring(プリン)対応銀行
3 アプリのインストール、設定
4 まとめ

※ 画像引用元:pring(プリン)アプリ

pring(プリン)の概要

さっそく

pring(プリン)の概要、あらましから

進めてみましょう。


まず、全体像はこちら

すでに冒頭でも触れていますが

無料でお金の送金などを比較的簡易に

行えるアプリ


いわゆる看板機能から進めると

● お金をおくる

● お金をもらう

● お店で払う

・・の3つ


続いて

この3つを支える大元根っこの部分

● お金をチャージする

● お金を口座にもどす

といった2つを合わせて

全部で5つの機能を持っています。


また

この背景と言いましょうか

心意気を表すようなものがありまして


広げてみますと、コレ

『お金にまつわるコミュニケーション』

・・を行うということ。

「ああ、そうなんだ」

「スマホ上でお金のやりとりができるんだ」

と、5つの機能にうなづくばかり。


そこで順に機能をたどってみます。


【大元根っこのところ】

● お金のチャージ

登録した銀行、セブン銀行のATMから

pring(プリン)へ入金ができる!


● お金を口座に戻す

pring(プリン)から

登録した銀行、セブン銀行のATMへ

出金できる!


【いわゆる看板機能】

● お金を送る

たとえば

自分のある銀行口座から別の銀行の口座へ

お金を移す、送る場合。


『チャージする』で

いったんPring(プリン)ちゃんに預け

その後『お金を戻す』で

pring(プリン)ちゃんから送金すれば

OKです。


● お金をもらう

ザクッとした表現になりますが

これはお金を送ってくれる相手から

『お金を戻す』行為で送金してもらうこと。

● お店で払う

こちらもザクッとしますが

QRコードの読み取りで認識した

pring対応のお店に『お金を戻す』行為で

送金が可能となること。


ただ、こちらに関しては実地がないので

試したアト、あらためて加筆します。


ほかにこまごまとしたことに触れると

このとおりです。


〇 出金 ⇒ 1日あたり10万円

 ・ セブン銀行ATM手数料は1日1回は無料

 ・ 2回目以降は220円

 ・ 入金は無料

〇 送金 ⇒ 1日あたり10万円


〇 銀行間送金 ⇒ 無料


以上、あらましはこのとおりとなります。

pring(プリン)対応銀行

続いて

使える銀行はどのくらいあるか

これについて触れてみます。

銀行データは2020年3月14日現在のものになります。
※ 引用:pring(プリン)アプリ

pring(プリン)アプリ内で確認すると

対応銀行は41行を数えます。





ちょっとだけ、カテゴリー区分で整理すると

〇 いわゆるでっかい銀行・メガバンク

 ● みずほ銀行
 
 ● 三井住友銀行


〇 ネットバンク

 ● 住信SBIネット銀行

 ● ジャパンネット銀行

 ● イオン銀行

 ● auじぶん銀行

 ● 楽天銀行


〇 これもあるのかと思った銀行

ゆうちょ銀行


ほか、都市銀行、地方銀行で占められています。

pring(プリン)のインストール

それでは概要、あらましを承知したら

次に行うことはこちら

● pring(プリン)アプリを見つける

● pring(プリン)アプリのインストール


はじめに『見つける』はApp Storeへ


※ 画像引用元:App Store


次はアプリのインストールと初期設定です。

僕がやってみて「ココは注意」と思うところを

織り交ぜながら進めてみます。


一つ目のインストールは簡単です。

淡々とアプリインストールの手順に従い

このページが出たらOK!

概要のところで既述していますが

ここでPring(プリン)とは何か?

それが簡潔簡明に表されています。


『お金にまつわるコミュニケーション』を行う!

これを再確認していただいてから、次へ


利用にあたっての同意を求める項目。

利用規約と重要事項に同意したら

次へ向かいましょう。


ニックネームの登録です。

これはアトでお金を送ったり、もらったり

する時にもかかわってきます。

(あて名にもなりますから)


続いて

今度はより大事な内容と向かい合います。

パスワードの設定です。


次の2つの動きを持つ時に必要。

● アプリの起動

● お金のやりとり


そして、不正利用防止について

電話番号が本人使用のものかどうかを

確認します(されます)。

認証番号が送信されます。


僕はスマホ保有者のためスマホ(※)へ。

※ 認証番号は携帯電話のSMSを利用と表示

届いた認証番号を入力します。

ここをしっかり通過すれば

インストール完了のゴールは間近です。


問題なければ『次へ』をタップして終了。

ですが、この時点では、まだ・・

設定、使用にあたっての必要事項の入力は

終えていません。


そこで、次のページを出します。


一番下のpring(プリン)ちゃんの画像

この段階では初心者マークが付いています。

(利用活用すると消えます。)


そこでいきなりですが

右下の『チャージする』をタップします。

※ ただし、この段階でチャージはできません。


これは会員情報の登録を行うためです。


そして、このページが登場したら

『新規口座の追加』をタップします。

すると、これが表れます。

必要とありますので『はい』をタップ。


で、こちらが登場!

必要事項を入力します。

これが終れば、pring(プリン)側で

手を入れるべき事項は完了となります。

※ ニックネームを持つ対象者の設定は必要


あとは引き続き、ネットバンクとして

利用できる銀行口座の登録を行えば

● お金のチャージ

● お金を口座に戻す

この2つはできることになります。

まとめ

ここまで、話を進めてきました。

そして

このアトもこの二つ

● お金のチャージ

● お金を口座に戻す


さらにほかの機能も実地に触れたことを

話していきたいと思っていましたが


今回は続けるには僕自身が矢尽き刀折れた!

そんな感じになりましたので、一回幕を閉じ

しばらくアト『その2』を出すことにしたい

と思います。


なお

今回、ここまでを小まとめするとこのとおり。


pring(プリン)

pring(プリン)は送金アプリ

『お金にまつわるコミュニケーション』を

行うもの。


pring(プリン)が持つ機能

● お金をおくる

● お金をもらう

● お店で払う

● お金をチャージする

● お金を口座にもどす


出金

〇 出金 ⇒ 1日あたり10万円

 ・ セブン銀行ATM手数料は1日1回は無料

 ・ 2回目以降は220円


送金

〇 送金 ⇒ 1日あたり10万円

〇 銀行間送金 ⇒ 無料でできる


ということで

送金アプリ『pring(プリン)』にハマる!(その1)

と題し話を広げてみました。


では、今回はこれで失礼します。


後記

ワカランちんの奮戦記

・・と題しブログを起こしています。


文章力不足は否めませんが

それでもくじけじ・・と


いろいろ『PAYPAY』はじめ

『コード決済関連』

ほかに『おトク』情報を見つけては

あれこれ語っています。

もちろん、私見ベースですけど。


できる限り

お役に立ちそうなものを発信したい

と考えていますので

お寄りいただけると、大喜びします。


よろしくお願いします。