☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今回は前回の続きになります。

僕的に、今、ハマっているもの。


送金アプリ、pring(プリン)

・・です。

送金アプリ『pring(プリン)』にハマる!(その1)




前回、積み残した部分

● お金のチャージ

● お金を口座に戻す

こちらについて、いまだ消化不良の想いが

ありまして、もう少し触れてみたい

と思い、話を展開してみます。


では、コンタロウ、はじめます。


目 次
1 pring(プリン)の看板機能の3つ
2 送金に必要な行為は2つだけ
3 まとめ

pring(プリン)の看板機能の3つ

今回はやってみると簡単だった!

という内容でしたので、いつも以上に

簡潔、わかりやすく、心がけ進めてみます。


はじめにpring(プリン)とは、これでした。

無料でお金の送金などを比較的簡易に

行えるアプリ


そして

いわゆる看板機能をピックアップすると

こチラの3点です。

● お金をおくる

● お金をもらう

● お店で払う


ここまでおさらいしたアト

そのうち、上から2つについて

前回までは次のとおり整理していました。

そこで今回はもう少し進めてみたもの

『送金』行為で話を広げてみます。

送金に必要な行為は二つだけ

前回と内容的には重複する部分もありますが

具体的な名称を加え、話を展開したい点は

以下の部分になります。

目玉は送金時に必要な行為はこの2点

〇 『チャージする』

〇 『お金をもどす』

ということ。


たとえば、ここで広げた図にあるとおり

送金を行う際は、まず『プリンちゃん』

入金行為を行う必要があるのです。

※ 送金は入金と出金の2つで成り立ちます。


そこでアプリの画面右下『チャージする』

タップします。

※ 画像引用元:pring(プリン)アプリ


すると新たな画面へ進み

口座が登録された銀行名が並びます。

(登録しないと銀行名は出てきません。)


続いて、銀行を選択、所要の金額を入力し

金額欄ヨコ『チャージする』ボタンを押せば

入金は完了!


次は出金です。

アプリの画面左下『お金をもどす』をタップ


そのアト、表れた画面に金額を入力し

金額欄ヨコ『口座にもどす』ボタンを押せば

出金行為が完了へ!


そのアト、送金したい先へ

「振り込みました」

と表示され送金されるのです。


ただし

この「振り込みました」表示が出るのは

送金先口座への送金行為を行う時間によって

変化します。

《たとえば、こちらの表示のとおり》

※ 画像引用元:pring(プリン)アプリ


この点は注意なのです。


と続けまして、以上

〇 『チャージする』

〇 『お金をもどす』

この2つの行為を行うだけで送金が行える

というお話でした。

まとめ

今回は『pring(プリン)』を使ってみたら

こうだった!

送金をしてみたら、できた!

「とにかく、簡単にできました!」

という話。


また

趣旨はアプリ起動後、メイン画面に登場する

下方にある2つのボタン

〇 『チャージする』

〇 『お金をもどす』


ココさえ押さえておけば

「送金ができるよ」

・・でした。


そこで、もし、はじめてこのアプリ名を知り

かつ、関心をお持ちになられた方は

試してみてはいかがでしょう。


少なくとも銀行間送金において

手数料の節約が進むことは間違いない

と思いますよ。


ということで

送金アプリ『pring(プリン)』にハマる!(その2)

と題し話を進めさせていただきました。


なお

これからも気になるところを追いかけ

チェックしていくつもり

よろしければ、お寄りください。


では、今回はこれで失礼します。


後記

ワカランちんの奮戦記

・・と題しブログを起こしています。


文章力不足は否めませんが

それでもくじけじ・・と


いろいろ『PAYPAY』はじめ

『コード決済関連』

ほかに『おトク』情報を見つけては

あれこれ語っています。

もちろん、私見ベースですけど。


できる限り

お役に立ちそうなものを発信したい

と考えていますので

お寄りいただけると、大喜びします。


よろしくお願いします。