☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今回は・・つぶやき。


スーパー店員のレジでの問いかけ

「現金でお支払いですか」

から、何思う?

・・です。


このスーパー(スーパーマーケットのことね)

家人がよく利用していることもあって

僕もたまに出かけるところ。


また

キャッシュレス化も多々図っており

そのため時代に前向きな印象も・・


特に

コード決済ではPayPay、LINE PAYほか

いくつかのコード決済を導入し


顧客の決済手段の多様化に努めている

と思われましたが・・

(もちろん、今も努力中と思いますよ。)


でも、さきほど出かけたところ

レジで「PayPayで」・・と

支払い・決済の際、違和感を覚えます。


・・と言いましょうか

これまでの顧客に向けた問いかけが

一つ増えたことに気が付きます。


それが先ほど触れた

「現金でお支払いですか」

なのです。


そこで、この言葉が加わった変化のもとは

「何だろう」

と頭の中が揺れます。


で、浮かぶものがこちら。

● 顧客の決済手段はほぼ固定化している?

● コード決済、クレジットカードほかの

キャッシュレス決済の利用頻度は小さい?

・・などです。


なぜなら、その問いかけであれば

肯定の際「ハイ」の一言で済みますからね。


つまり、大多数の顧客は現金決済を行う

と見なしているからこそ

その大多数の顧客の手間を可能な限り

小さくした問いかけと思うのです。

「クレジットカードですか」「コード決済ですか」と、キャッシュレスを前提にした問いかけを行えば、そうでない場合、「現金です」あるいは「違います」と答えざる得なくなり言葉数が増えるとともに違和感も強くなるでしょう。顧客からすれば・・ですね。

ただ、実際のところ

スーパーの方と直で話したわけでもないので

本当のことはわかりませんけど。


そこで好奇心旺盛なコンタロウは

はじめに上げたスーパーと同系列店舗を2つ

ほかに違う系列のスーパーの店舗を3つ

回ってみました。


その結果、思うことを並べると

コード決済の導入程度に違いはありつつも


共通して挙げられる点は

顧客自らが現金支払いできる機器の設置を

行っているということ。


たぶん、僕が住む地域にあるスーパーは

以前から

『現金支払い・決済の顧客多し!』

との見立てを持ち

その対応に力を入れていたのでしょう。


要は以前から顧客の決済ベースは現金!

と見ていたのではないか!

ということですね。


そこから

今回耳に入れた店員さんの言葉を通じ

今現在も、スーパーの顧客の大半は

現金決済の傾向が強い!

と思われるのです。


さらに言えば

昨年10月以降、各所で進められている

『キャッシュレス・消費税還元事業』が

終了した7月以降は


特にコード決済は利用者激減となるか

ほとんど目に入れることもないのでは?

どうでしょう。


それに、僕の個人的な見なしですが

特典もなく面倒な、いわゆるスキャン決済は

しない・・と、ね。


加えて、この変化もあります。

今回見た2つの系列のスーパーのうち1つは


自社ポイントの付与で

コード決済者より現金決済者を優遇する形を

取っているのです。


やはり「むべなるかな」となる次第。


ということで、今回は

スーパー店員のレジでの問いかけ「現金でお支払いですか」から何思う?

・・と題し、つぶやいてみました。


なお、これからも

気になる点を追いかけていくつもり

よろしければ、お寄りください。


今回はこれで失礼します。


後記

ワカランちんの奮戦記

・・と題しブログを起こしています。


文章力不足は否めませんが

それでもくじけじ・・と


いろいろ『PAYPAY』はじめ

『コード決済関連』

ほかに『おトク』情報を見つけては

あれこれ語っています。

もちろん、私見ベースですけど。


できる限り

お役に立ちそうなものを発信したい

と考えていますので

お寄りいただけると、大喜びします。


よろしくお願いします。