☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今回はつぶやきです。

ローソンのこと

話題になっていますね。

・・という話。


ローソンのサイトに表れていた

ニュースリリースの内容

<参考資料>非対面のセルフレジご利用時限定 2%分ポイントバックキャンペーン実施
※ https://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1401290_2504.html

・・のこと。





ニュースリリースとして登場した内容ですから

報道を通じご覧になった方も多いでしょう。

とにかく、インパクトあります。


なぜなら

あと数日で節目を迎えるものがあるのです。

それは昨年10月1日から6月30日まで

9か月続いたキャッシュレス還元事業のこと。


ですが、ローソンはそのアト2か月も

同様効果をローソン独自に2%分の還元として

Ponta、dポイント付与で行うとあるのです。

しかも、通常付与ポイント外で・・。


思わず

「すばらしい」

「ローソン、やるね」

という気持ちになります。


ただ、もしかすると、コンタロウの物言いに

「うん?」

となられた方もいるかもしれません。


そこで、このローソンの件

簡単に小まとめしてみましょう。


目 次
1 ローソンは何をするか?
2 ローソンの狙い?!
3 セルフモード決済方法
4 セルフモードでは決済できない商品
5 セルフモードではできないサービス 
6 対象ポイントサービス
7 ポイント付与時期
8 で、コンタロウはこうなる

ローソンは何をするか?

この部分はポイントですからくり返しますね。

ローソンは7月以降、何をしたいか・・


購入者がセルフレジ利用での買い物を行えば

Pontaカード、dポイントカードのスキャンで

50円購入(税抜き)毎に1ポイント付与!

・・するのです。


早い話、こういうこと。

支払い決済を終えたアト

税抜購入金額の最大2%分のポイントバック


キャッシュレス消費者還元事業同様の効果を

ローソン自らが購入者(消費者)に与える

というわけです。

※ 2020年7月1日(水) – 8月31日(月)

ローソンの狙い?!

基本、これですね。


新型コロナウイルス対策

⇒ 決済時の店員さんとの接触機会を減らす


また、売り上げ増進もあるでしょう。

セルフモード決済方法

キャッシュレス決済が対象です。

● クレジットカード
● 交通系電子マネー
● iD
● 楽天Edy
● QUICPay
● WAON
● Apple pay
● バーコード決済
● ポイント利用・・このカテゴリーに該当するのですね。
● 国際ブランドプリペイドカード・・よく知らないのですがサイトページに表れていたので付記します。


セルフモードでは決済できない商品

区分上、うなづきます。

どこか人の手を介しますよね。

● 医薬品
● ゆうパック
● レターパック
● 切手、はがき
● テレホンカード・
● QUOカード
● ギフトカード
● 予約商品・・まあ、これはそうなりますよね。
● 一部値引き商品・・これも何気に納得します。
ほか


セルフモードではできないサービス

これも基本、人の手を介するもの

と見なせますね。

● 収納代行
● 領収証発行
● 返品・返金
● コンビニ受け取り
● Loppi残高照会
(QUOカード・プリペイドカード)
ほか

ということを踏まえて

購入をセルフレジで行うと以下が受けられる

ということですね。

対象ポイントサービス

言わずもがなでしょうけど

でも、挙げておきましょう。


この2つ

〇 Ponta

〇 dポイント


つまり

Pontaカード、dポイントカード会員が対象

ということ。


・・で

税抜購入金額の最大2%分のポイントバック

受けられるわけです。

ポイント付与時期

2020年9月末頃ころ予定。

で、コンタロウはこうなる

こうなってくるとですよ。

7月以降もコンタロウ

お昼はますますローソンへ走るのです。


ということで

ローソン、7月からも2%還元をPonta、dポイントでポイントバック!

と題し、とりとめもなく

つぶやいてみました。


今回はこれで失礼します。


後記

ワカランちんの奮戦記

・・と題しブログを起こしています。


文章力不足は否めませんが

それでもくじけじ・・と


いろいろ『PAYPAY』はじめ

『コード決済関連』

ほかに『おトク』情報を見つけては

あれこれ語っています。

もちろん、私見ベースですけど。


できる限り

お役に立ちそうなものを発信したい

と考えていますので

お寄りいただけると、大喜びします。


よろしくお願いします。