☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今回はつぶやきです。

マイナポイントの申し込みの話。





はじめにコンタロウは

すでに先月マイナポイントの予約は終了。

今回はそれ以降の内容となります。

マイナポイント・・還元25%とは何、いつから始まるの?




つまり、マイキーIDの発行は終えているので

あとは8月いっぱいまでの期間中に申し込みを

行えば、よいだけと見なしているところ。


ですが

今はプラットフォームをどれにするか足踏み中。


そこで、そのように思わせる

少々気をもむほど慎重にさせる総務省・・

マイナポイントサイトの注意事項をもう一度

特に気になるところを拾うと、こんな感じ。


● 申し込み後、8月末までマイナポイントは

 付与されない。


● 一度申し込んだサービス

(プラットフォーム)の変更はできない。

たとえばPayPayを選んだあと、その変更はダメ

ということでしょう。


● サービス(プラットフォーム)の選択は

 慎重に行って欲しい。


そして、コレ、大事ですよ。

マイナンバーカードの利用者証明用電子証明書

これの数字4桁のパスワードが必要。


じーっとサイトの文字を追いながら逡巡。

ですが、突然、一念発起(大げさですね。)

これらを踏まえて、コンタロウ

申込を行ってみました。

マイナンバーカードの読み取り、利用者証明用電子証明書の数字4桁のパスワードが必要となります。

先ほどまでは慎重に8月末と思いましたが

利用対象のサービスも限られているので

「早い方がいいかな」「えいや」

と思い申し込みへ

※ 基本、これも熟慮の行動です。(笑)


すると申込状況照会のページへ到達

このような表記が目に入ってきます。


マイナポイント付与上限:5,000円

注釈・・ポイント付与の対象である前払い額

または購入額の25%


よく理解したら・・(見たらわかりますけど)

そのアト、次へ進みます。

『申込へ進む』をタップ


決済サービス選択のページへ到達します。

ここでキーワードの入力を行い


● d払い

● PayPay

● auPAY

などなど

決済サービスを選択することになります。

(この場合QRコードのカテゴリー)


続いてサービスのカテゴリーを選択

● 電子マネー

● QRコード

● プリペイドコード

● クレジットカード

● デビットカード

● その他

ここでキーワードとサービスカテゴリーをどれにするか?少々迷いました。
※ 検索から具体的対象を選びます。

コンタロウはQRコードを選択し

『d払い』を入力してみました。

次へ進みます。

※ 『d払い』アプリからでも申し込み可。


このアトは利用規約を確認して同意をすれば

『申込へ進む』をタップします。

そして、申し込み情報の確認です。


ここでようやく本当の最終の『申込』へ

さらにマイナンバーカードの読み取り

利用者証明用パスワードを入力して完了。


ここまでくるとマイナポイントの申込完了が

あらためて表示されます。


さらにこちらの一節も・・

2020年9月1日から2021年3月31日までの間に

マイナポイント(付与率25%、上限5,000円)が

付与との表示も表れていますので、ご一読を!


しかし

不思議に感じたのは、この申込において

マイキーIDの入力はなかった・・ということ。

このあたり、チョイ不思議でした。


ともあれ

申込完了まで1時間ほどかかりましたが

まずは1歩前進。


ということで、今回は

マイナポイントの申込をやってみた、マイナンバーカードは必要だよ!

と題し五月雨的につぶやいてみました。


なお

マイナポイントの実利用まではまだ間があり

これからも引き続き追いかけていきます。


よろしければ、以後もお寄りください。

(お越しいただけると励みになります。)


今回はこれで失礼します。

キャッシュレス、コード決済関連キャンペーン(2020年6月29日はじまりの週)を眺める!




後記

ワカランちんの奮戦記

・・と題しブログを起こしています。


文章力不足は否めませんが

それでもくじけじ・・と


いろいろ『PAYPAY』はじめ

『コード決済関連』

ほかに『おトク』情報を見つけては

あれこれ語っています。

もちろん、私見ベースですけど。


できる限り

お役に立ちそうなものを発信したい

と考えていますので

お寄りいただけると、大喜びします。


よろしくお願いします。